豆アジからみるアジングの細分化

独自論

あまりメーカーが触れないところについて言及していきます

 

 

会社から「心の診断」を受けなさいというのでやったら、「危ないので今すぐ相談を」と出ました

これはあれだフェ◯井さんのブログを読んだ後、すぐに受けたからだ

 

アジング含め、ライトソルトもそうなんですが、基本的にルアーフィッシングにおいて下記のことは言われてるんです

 

・◯◯メーカーの◯◯カラーがよく釣れる

・この地区はコレが鉄板

 

そして、そこの特定の釣りしかしてないと、またメーカー関係者がなんか言うてるわ、となります

 

大丈夫です

偉そうなこと言ってるメーカー関係者もよく分かってませんから(笑)

メーカー関係者なんて、さも違いがあるように言うてますが、ぶっちゃけ釣果は変わらんのですよ

偉い人にはそれが分からんのですよ

あっ、やべっ

 

 

  • 他の釣りでは当たり前

基本的にルアーフィッシングにおいて、中級者以上になると自分がターゲットとする魚種の中でどういうやつを釣りたいかを考えるようになると思うんですよ

ブラックバス然り、シーバス然り・・・

渓流やエリアフィッシングは知らん

で、それぞれのメソッドとなる攻略法が溢れてます

ただ、残念ながら、アジングは私が知る限りにおいて、それが語られることは少ない

もう最近読まなくなったから今もそうなのかは分かりません

個人的にはアジングという大きな括りのままだと感じです

ワーム二個付けしたのがコンセプトのが効くシチュエーションがフォール速度だけとかありえんやろ

実際に他エリアの人がいいというものを試して、苦い経験した人も多いはず

そして、あれはダメ、これはいい、と、どーでもいいことを仲間とダラダラ話すのが楽しいですけどね(笑)

 

自分が釣ってるアジがどういったアジかが分かれば、メディアに騙されずに自分に合った物を選べると思います

 

 

  • 大きく分けて2つ

大きく分けると回遊型と居着き型ですね

基本的にはセグロ=回遊で、ヒラ=居着き、と言われてます

セグロとヒラの見分け方は見た目でしか判断出来ません

一般的には色と体高で判断されてるみたいですが、他に喉の色や目の下のクマとかもあります

ぶっちゃけ、生物学上セグロもヒラも同じマアジなので釣った人がこれはセグロだ、これはヒラだ、と言えばそうなります(笑)

個人的にはセグロかヒラかよりも居着きか回遊かで釣り方や好みのルアーが異なるような気がします

たぶん他の釣りにおいては居着き狙いと回遊狙いは分けて考えられてると思います

それが分けられてないアジングが異様なんですよ

 

あれは敢えて出してないのか?

 

 

  • 居着きとは言ってもいろいろある

簡単に居着きとは言っても、どこまでを居着きというかが難しい

 

昔、ブラックバスはストラクチャーに付く魚と言われてました

確かにストラクチャーで釣れるのですが、ストラクチャーを転々としてるのもいるんですよね

しばらくそこにいたら、次のストラクチャーに移るやつ

特定の時間になると現れるんですよ

これは回遊なのか、居着きなのか(笑)

それとは別に群れで特定のコースを回遊してるのもいたりしてるというのが判明してきたから、アングラーは自分がどれを獲るかで攻め方を変えてたと思います

これをアジに置き換えると、港内に居着いてるやつ、餌が豊富な湾内や瀬にいてベイトに付いてやフィーディングで寄ってくるやつ、常にベイトを追いかけて回遊してるやつになります

この中で明確にヒラアジと言える確率が高いのは真ん中だけなんですよ

居着きと回遊のいいとこ取り

 

波止(港内)居着きとか、よっぽどじゃないとロクなのいませんよ?

つっても、昔の愛媛は桟橋とかに居着きのギガとかいたみたいです(笑)

今でも1つだけギガが居着いてる宇和海の漁港があるみたいです

そんなレアなのは置いといて、基本的には、餌もないし、泳がないし、虚弱体質です

 

そして、これを狙うのが得意なのがアレですよ

 

数でもなく、サイズでもなく、難しいマメを難しく釣る快楽は私には分からん

そして、そんな訳の分からん事をするために3万超えるロッドを買う勇気はない

私はサイズと味至上主義です(笑)

 

 

  • どうやって見分けるか

いろいろあるんですが、個人的に思ってる確実なのは

デカイワームでも当たってくるのは波止(港内)居着きではない

あいつら、寧ろデカイのは逃げるレベルですよ

波止近くの居着きのやつは自分より小さいベイトでも群れで来られるとあまり手出しが出来ないんですよ

 

ワームサイズが小さいのしかアタリませんでした→漁港近くで満足してる虚弱アジ

大きいワームでもアタルけど掛からない→今はまだ小さいけど大きくなる可能性のあるマメ

 

活性やマッチ・ザ・ベイトもあるんです

でも、なんだかんだで大きくなる魚は貪欲です

小さいワームは見向きもしないこともあります

 

サイズもコンディションもいいのがいるかもしれないから、最初は大きなワームを使った方がいい気がするんですよね

虚弱マメにはプレッシャーかかるかもしれませんが、あいつら頭悪いのかしばらくしたら戻ってきます(笑)

逆に回遊型のは奥まで入る前に変なプレッシャーかけると危険を察知してUターンすることがある気がするんですよね

 

虚弱アジは狭いとこにしかいないから、逃げる範囲が狭いのかな?

 

 

  • どこで満足か?

結局のところ、誰かが良いというけど、自分はそうは思わない物に関しては狙ってるアジが違うからだと思うんですよね

ワームは大きい方がいいというのと小さい方がいいというの

匂いは関係あるというのと関係ないというの

 

その人がどんなアジを釣ってるのかを考えると自分がダメだと一度レッテルを貼ったものでも、いいと言われる意味がわかるかもしれません

 

それを踏まえた上で自分はどんなアジを釣りたいかになるんだと思います

 

良い物も悪い物もなく、あるのは自分の釣るアジに合うか合わないか、それだけだと思うんですよね

 

そして、今一度言おう、汁系は断じて卑怯でも、マメを釣るためのものではない(笑)

これが効くのがいるのよ、ホント

 

おまけ

20年くらい前にどデカいプラグで大きなバスを釣るよりも小さいバスが釣れたら嬉しい、という記事がありました

大きなもので大きな魚は釣れて当たり前、小さなもので小さな魚が釣れるのも当たり前

大きなもので小さな魚が釣れたら、それはそのルアーが魅力的なんだ

 

なんか、この言葉に妙に共感してしまいました

意外性というか、確かにそれは面白い

とはいえ、小さい魚よりは大きい魚の方がいいですけどね

 

小さなルアーで小さな魚を狙うのって、なんか弱い者イジメみたいで嫌じゃないですか(笑)

でも、釣れない時はもちろん弱い者イジメも厭いません

 

だって、釣れなきゃ楽しくないもの

コメント