既にお相撲さん状態ー激流アジングー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

程よい運動と豊富な餌で肥え太らせるのと違い、過酷な運動と超豊富な餌で鍛えつつ肥え太らせる・・・

相撲部屋みたいな感じ

 

  • 月夜の晩なので

月も大きいし、流れが速い方がいいだろうと激流ポイントへ

朝から大きなクーラーに氷を満々に買って準備万端な師匠と比べ、小さめのクーラーにそれなりの氷な私

やる気あるのか!という感じですが、準備万端でいくと、ロクなことがない

ジンクスだ

 

  • 早々に忘れ物

忘れ物するくらいがちょうどいい

釣ってから考える

こういう思考の練習が、仕事のトラブルの際に役に立つ

 

決して、ちゃんと準備していたら、そんなトラブルなかったんではないかという意見は受け付けない

確かに準備してたら、起こらなかったトラブルもあるだろう

だが、準備してても起こるトラブルもあるわけで、準備してたらトラブルがないというわけではない

だから、準備万端というのは油断を招き、トラブルへの柔軟な対応の弊害

常日頃からちょっと足らないかな・・・と思うくらいが適度な緊張感を保てて・・・

 

ハイ、持っていくロッドを間違えました

ノクターン75と77を間違えました

 

中身を確認しなかったのは確かに私のミスだ

外見で、75と77の違いが分かる奴がいるだろうか

いや、いない(反語

 

まぁ、間違えました

 

長さは2インチの差ですが、12gまで背負えるロッドと6gしか背負えないロッドです

 

うん・・・仕方ない

新たな発見に期待しよう

 

 

  • メバルロッドでスプリット

間違えてしまったものは仕方ない

ぐちぐち言っても始まらない(反省する意思無し

大事なのは今をどうするかと次に失敗しないようにすることだ

そう、リカバリー能力である

まっ、スプリット5gでも入れておこう

 

アタリはあるにはあったが、フッキング率が悪く、最終的にジグ単でボトム付近でフリーフォール作ってやらないと掛けれなかった

そして、掛けてもマメという(苦笑)

 

リトリーブで重みが伝わってからアワセても抜けるんだもの

掛けれないアタリ、というか、掛けれるはずなのに掛からないアタリはロクな魚ではない

とはいえ、ここの魚はマメでもムキムキで美味しそうなんですが・・・

 

そんなアタリばかりなんで地合いだろうという時までおやすみ・・・

 

 

  • 寝過ごす

そして「今日は寝に来たんですか?」という声で起きる

いや、涼しくなって凄く寝やすかったです(汗)

下から攻めて、当たらんけど、表層で跳ねてるので上を攻めたらマメ・・・

 

小さなフックを使えば解決出来るけど、それは魚に合わせるという正しい判断であるが、釣り人側の妥協である

オレは妥協しない

天上天下唯我独尊

ただ、ルアー釣りの魅力って、魅せて食わせる醍醐味もまた1つである

オールドトップウォーター的考えなのですが・・・

見せてダメなら、魅せてみよう

 

 

  • メタルジグでたまたま

小さい魚だとより繊細に・・・

というのは、餌釣りの考え方で、アタリが小さかったりすると、より小さく、よりスローに・・・となるんです

確かにそうなんですが、真逆もまた正解なこともあり、なんというか本能に抗えないようにするんですかね

バス釣りでいうと、真冬の高速巻きとか・・・

 

ということで、選択したのはガンガンジグミニSJ10g

いや、流れを考えるとSJじゃなくて、ノーマルの7gの方が断然いいと思うのですが、使えるロッドがない

なぜなら、忘れたから(ドヤァ

 

言うとくけど、メタルって、シャクる強さとフリーフォールの作り具合で全く別物になりますからね

張りのないロッドでは動かず、張りがありすぎるロッドでは動きすぎる

ライトソルトのメタルは意外と繊細なのよ

ウホッ

いるじゃないか

けど、再現性は出せない(苦笑)

流れが速いところでスロージグは愚の骨頂

ヒラヒラとどこに落ち(流され)たのか分からん

 

 

  • まとめ

サイズがいいのもいたけど、結局どこに潜んでたのか見つけきれませんでした

原因は掛からないマメのアタリが非常に多く、それに拘ってしまったところがある

決して、メインロッドを忘れて、探りきれなかったからではない

 

とりあえず、ノクターン77が激流の中でスプリット5gくらいまでなら使えることが分かっただけで良しとします

今度からスプリットロッドとして使お(笑)

 

ちなみに、唯一釣れたまともなサイズのアジは既に内臓脂肪蓄えて美味しそうでした

これを数獲れるようにならないとなぁ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す