ベイトの見極め

独自論

ベイトがいたからといって釣れるわけではない

 

ベイトだってね、46時中フィッシュイーターに追われてたら絶滅しますよ

 

ベイトがいれば確かに釣れる可能性は高いです

 

でも、ベイト=好釣果、というわけではないのは周知の事実

皆んな、分かってると思います

痛い目に合ってると思います

分かってる方は回れ右です

この先を読んで得られるものはありません

もし、それでもこの先を読み進めるのであれば、間違ってたら「お前、それは違うよ」と教えて欲しいです

この先を読み進むにあたっては、私個人が経験から憶測したもので絶対のものではないことをご了承の上、お願いいたします

正直、これが絶対ではないし、釣れないと現状思ってる状況でもこうしたら釣れるのであれば私は釣りたい

どうか、よろしくお願いいたします

 

釣れないベイトと釣れるベイト

100匹未満のベイトの群れを見つけただけの時に嬉々としてベイトいました!というのは待ったをかけたい

100匹未満と書きましたが、よく見かけるのは2、30匹くらいです

酷い奴は10匹くらいの小魚をベイトいますよ、とかいってくる

そんくらいのベイトはいつも見えないだけでどっかしらにおる!

 

これを持って、ベイトいるのに釣れんなとか、胃袋からベイト出てきたからとか言い出したら・・・

 

シーバスとかの大型魚は別として、アジのように基本的に数百匹の群れ単位で動く魚がそんな少ないベイトを追いかけると思いますか?

 

胃袋からベイトが出てきたとしても漁港居着きのやつが迷い込んできた小規模のベイトを運良く捕食しただけかもしれないし、前者に至ってはそんな少ない餌を追い求めるのが効率がいいのか?という話なんです

感情論じゃないです

確率と効率の話です

アジングにおいて、1-2匹で満足することはないでしょう

それで満足出来て、難しい釣り方にこそ価値を見出せるのなら、ベイト付きはなんの魅力もないのでやらない方がいいです

これは簡単に美味しいアジを釣るためのものであり、テクニカルなことはなにもないのですから

 

釣れるベイトか釣れないベイトかを判断する時に一番ダイレクトなのは群れの密集度だと思います

他にもいろいろとあるのですが、一言でいうと密集度です

 

 

密集度が大事な理由

密集度・・・

いや、いろいろ考えたんですよ

ボイルしてるとか、シャロー帯に追い込まれてるとか・・・

でも、ボイルしてなくても下で食われてるとかありますし、追い詰めるにしてもシャローじゃなく岸壁に追い詰める時もありますし

もちろん、言葉では説明出来ない雰囲氣もあるんです

でも、端的に言葉で表すならば密集度が一番近いと思います

要はフィッシュイーターに取り囲まれてる時はすごい密度で取り囲まれてるんです

ベイトの周りを捕食者が囲って逃げ場がない時です

基本的には密集してない方がベイトとしてはいいんですよ

密集すればするほど突っ込まれた時にたくさんやられますから

でも、裏を返せば、フィッシュイーターは密集させた方が得なんです

 

逆に密集度が少ない時はフィッシュイーターがいたとしても、数が少ない時で囲えない時です

 

基本的に水中は3次元です

だから、最終的な追い詰め場は逃げ場が少ないシャローなんです

ボトムよりもサーフェスなんです

オープンよりも岸壁とかがあるクローズなんです

 

一つ面が少なくなりますからね

 

もう少し言いましょうか

二枚潮の境目・・・これは遊泳力の弱いベイトにとっては蓋になる

だから、二枚潮の下を探るのは大事なんです

オフショアしてるとベイトがボトムとかで密集して、フィッシュイーターが高活性な時あるけど、そういったところが関係あるのかなぁ?

ベイトが広範囲で映るけど、釣れない

暫くしたら釣れるのは二枚潮が発生し、ベイトを追い込める状況になったからかもしれないですね

 

実際にボイルしてなくても、追い込まれてる時はあります

フィッシュイーターは全く見えないですが・・・

ただ、そういう時って、ベイトの群れがすごく密着してるんです

一つの塊に見えるくらいに・・・

そんなベイトの群れを見かけた時は粘る価値があります

 

あっ、100匹未満のベイトの群れだったからといって落胆するのは早いです

もしかしたら、近くにベイトの群れの本隊があるかもしれません

運良く囲まれたところから逃げてきたやつかもしれません

ただ、運良く逃げてきてもやはり独特の緊張感は持ってるんですね

そこを見極めて本隊を探すかどうかの判断は経験則になるかと思います

 

まとめ

結局、密集度が低くても釣れることは釣れるんです

でも、爆釣出来るかどうかとなるとクエスチョンかな、と思います

粘るべきか、見切りをつけるべきかに関しては非常に難しいです

そして、見切りをつけた方がいいと分かってても挑まなければならぬ人もいるんです

ダメだと分かってても僅かな可能性に賭けて・・・

私はそういった方々に敬意を払いたい

 

ダメなのに期待を持たせるような事を言う人は・・・

 

信じて行く身にもなれと(笑)

でも、いいんです

それもまたいとおもしからんや

コメント