ギルマスターというハンドルネーム

フェ◯井さんが初めてのソロアジングで「釣れる気しかしねぇ」と盛大な死亡フラグを立てて行かれました

 

 

ヤベェ、これからの展開が想像出来るプククク

あっ、これだけが書きたかったのですが、ネタもないので雑記でも(笑)

 

釣行記書きたいけど・・・

あー、ヤダヤダ

自分の試したい事が出来なくなるのは苦痛

 

ハンドルネームって面白いですよね

自分の名前を文字ったのから、痛いのまで・・・

その中でも一番最低なのはフェ◯井さんですね

あかんやろ、あれ

さらけ出し過ぎやろ・・・

 

私の使ってるギルマスターは昔あったブルーギル用ワームからとってます

かれこれ、20年以上前ですかね

当時、バス釣り全盛期の時にブルーギル用ですよ?

ブルーギルって魚は、バスが釣れない人の癒しの魚です

中学生くらいの時は本当に釣れなくてですね

1時間くらいかけてチャリンコで山登って釣れない時とか、とりあえず、魚の引きだけでも楽しみたいじゃないですか(笑)

落としたら、ワームの切れ端でも、葉っぱでもなんでも食う魚に対して専用ワーム・・・

2インチくらいの小さなグラブでしたかね

あれ?チューブだったかな?

 

え?これ使ったら、もっと釣れるの?と思って、買うじゃないですか

凄いんですよ

 

全然釣れないの(笑)

 

葉っぱ以下ですよ

 

今考えると、当然なんですけどね

当時のショボいマテリアルで小さくしてるから硬いんですよ

それでグラブでしょ?

動くわけないの(笑)

 

フィネスで小さなルアー流行ったでしょ?

アジングも小さなワームあるじゃないですか

プレッシャー高いと小さく、小さくしていきがちなんですが、基本的に動きに関しては大きなものの方がいいですからね

小さなものは動かしてやらないと動かない

よりスローに・・・というのには全く向かないんですよ

今はマテリアルも改良されて、小さくても動くようになってますが、それでも大きな方が動くんです

小さくて動かさないと動かないものと、大きくて動かないくても動くもの・・・

どちらの方がいいんですかね?

だから、ビッグベイトが流行ったんですね

本当に魅力的なものは大きくても、小さな魚も食ってきます

まぁ、アタリはあるけど乗らない事が多いですが・・・

 

話逸れた・・・

 

全然釣れなくてクソみたいなワームでしたが、その発想は面白いし、足蹴にされるような魚でも狙っていこうというのに感銘を受けました

まぁ、そんな崇高な理念で作ってないと思います

絶対になんか切れ端が残ったから、適当にブルーギル用でも作るか、バスが釣れないアホが買うやろ的な発想だと思います

なんか、自分で書いてて腹立ってきたな

 

あと、高校くらいの時に◯◯マスターみたいなの流行ってたんですよ

バス釣るのが上手いやつとか、バスマスターとか呼ばれたりしてね(笑)

あれ、絶対に厨二病の走りですよ

当時はそんな概念なかったけど、あったら絶対言われてた

でもさ、上には上がいるわけですよ

地元でちょっと上手くても、大したことないんですわ

 

で、mixiやる時に名前どうしようか?ってなって、バスマスターとか名乗るのはおこがましいし、恥ずかしい

だって、自分より上がいるのにマスターとか名乗れないじゃないですか

 

てな感じで、悩みに悩んでギルマスターなら名乗っていいんじゃないかと思い、そのまま10年ちょいこのハンドルネームを使ってます(笑)

 

上手くなりたいけど、一歩足らない、センスがない立ち位置的スタンスです

理屈や理論はいい

あれは嘘つかない

センスがない人がある人に追いつくためのものだ

眉唾な理論もいっぱいあるけど、釣りを続けるうちにどれが本当で、どれが販促のためのものか分かるようになるはず・・・

 

まぁ、バス釣り全盛期の時にブルーギル釣って遊ぶみたいなくだらないことも楽しめる心は忘れたくないという思いもありますね

 

え?ギルマスターも痛い?

いやー、まだマシな方だと個人的には思ってます(笑)

コメント