アジング撃沈劇2018③ー自己ベスト更新ー

釣果

ふと思い立って・・・

 

 

だいたい思いつきで行動するとロクなことがない

帰り道に思うのは後と悔の文字

でも、いいんです

 

私は失敗したのではない

経験を積んだのだ

って、思えるわけねーだろ

コンチクショーが

 

風が強い

うん・・・もう帰りたい(泣)

始まる前から心を折ってくれるのがこの時期ですね

いくらね、風強いのが好きって言っても、それは釣れるからであってですね

・爆風・寒い・釣れるかどうか分からない

この三拍子が揃ったら、現着と同時に帰りたくもなりますよ

なんでアジを釣るためにここまでせんといかんのか

頭沸いてるからですね

 

ベイト発見

重たい腰を上げて、タックル準備する・・・

水温考えると、まだキャロだろうと推測

 

海面見ると・・・

ウホッ、ベイトおるやんけ

 

けど、あれは釣れないやつだ

もうね、ボクちんくらいになると見たら分かるからね

 

ウソです

あの位置にいて何度も酷い目にあったから分かるだけです

そう、何度も何度もグギギギギ

 

一概にベイトの接岸といっても様々です

ベイトの位置、密集度、雰囲気で簡単に判別付きます

ここら辺は次のネタで書きます

 

同じシチュエーションには何度も立たされた

そして、尽く釣れなかった

あかん、これ、詰んでるわ・・・

 

いや、私は1年前とは違うのだ

今なら何とかできるかもしらん

 

1 hour later

無理だよ、あんなん・・・

フィッシュイーターいねーよ

まだ水温高いからベイト追いかけては来たものの、アジが浮いてこれん、という僅かな可能性にもかけたけど、いねーもんはいない

どう考えても、あいつら、完全にまったりしてるもん(苦笑)

 

 

逆の発想

よし、ここは思い切ってベイトが全くいないところを引いてやろう

きっと、ベイトが怖くて食いに行けれんのだ

人間追い詰められると、支離滅裂な事を考えるようになりますネ

 

明らかに何もいそうにない近くのシャローを通す

ゴッ

まさかのヒット(笑)

でも、アジじゃない

セイゴかな?

いや、この際、魚ならなんでもいい

 

手前に寄せてきて見えるのは40くらいの魚体

食べごろサイズ、ゴチになりまーす

と思ったところで、ふと、40にしては引かないな・・・と

なんだこれ?とぶっこ抜く

デケーな・・・

こんなんおったんや

 

よし、これは試合に負けて勝負に勝った、というやつやな

 

今年はカマスが全然釣れんかった

今日の状態は良くなかった

その中でこんなカマスですよ、カマス

しかも、こんな鋭い歯を持つ魚にリーダー3ポンドですよ

これ、もう勝ちでしょ

飲まれる前に素早くアワセた私の技量の勝利ですよ

ワーイ、勝った、勝った

 

 

お疲れ様でした!

 

チクショーが!

 

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ802(オリムピック)

リール:14イグニス タイプR2506(ダイワ)

シンカー:アクティブシンカーキャロ10g(オーシャンルーラー)

ジグヘッド:レンジキープVR mini 1.0g(オーシャンルーラー)

コメント

  1. 通りすがりにおフェラ より:

    大抵のフィッシュイーターの有無って、ほんと居るか居ないか雰囲気でわかるようになりますよね…。でもまあそこは、経験の蓄積ですからw

    私みたいに海まで遠いと、そんな雰囲気でも粘らねばならんのですw

    • ギルマスター より:

      何度も何度もおらんと分かってても続けなければならない辛さ・・・
      1つ引き出しが増えたから、もしかしても思い、試すも結局いないという証明をするだけの哀しさ・・・