アジングーメタルゲームのススメ③ー

独自論

今回が最後かな?

いや、終わらないか・・・

メダルゲームのススメ①

メダルゲームのススメ②

 

メダルゲームの釣果を左右するものはシャクりとフォールです

当たり前ですね

それぞれが釣果のどこの部分を左右するかというと、シャクりが釣れる数、フォールが釣れるかどうか、です

 

  • 初めの一歩〜メタルジグを使う上で最重要な一瞬〜

個人的にはここが一番重要だと思うし、これの成功率で釣果が大きく異なるかと思います

前回、不規則に動くメタルジグで唯一コントロール出来るところを書きました

“動かした直後”ですね

不規則に動くメタルジグですが、それはあくまでファールの話であり、ラインテンションが張られた状況では決まった動きしかしません

ただ巻きの時に突然千鳥ったりしますか?

つまり、シャクり上げた時に如何に理想の姿勢を作れるかで決まるということです

この理想の姿勢はジグによっても変わるし、光源との位置関係によっても変わってくるでしょう

まっ、フォールで変な姿勢になってるので、リセットしてあげる感じです

使ってるジグによってシャクる力を変える

難しそうに思いますか?

これ、意外と簡単で自信がなければ力を加える時間を長くしてあげたらいいんです

そしたら、最終的には1つの姿勢に収束しますから

慣れてきたら、移動距離を抑えて姿勢を整えれると思います

ということは、万人が釣れるメタルジグは軽い力で最終的な姿勢がとれ、それが力を加えてても乱れ難いものになるのではないかと思います

どこぞの疫病神がガンガンジグ ミニが使いやすい理由として軽い力でシャクれるから、と言ってました

それは感じてたんですが、よく考えるとそういうことなんだと思います

たまにはいいこというじゃないか(笑)

 

 

  • 第二段階〜食わせのためのファール〜

理想的な最初の姿勢を作った次のステップはフォールです

初めの一歩は釣れる数を左右するというか、釣果に再現性を持たせるならば、毎回ある程度同じことができなければなりません

フォールがイレギュラーなメタルジグでもスタートを揃えてやることでイレギュラーのブレを小さくしてやるんです

そして、釣れるかどうかを決めるのは、フォールです

リアバランスは置いといて、特にセンターバランスの一番の売りはイレギュラーなフォールです

規則正しく動くものは確かに綺麗です

ただ、不規則な中に煌めく一瞬こそ、人の手によって作り出せない真の美が・・・なに言ってんだろう(笑)

 

まぁ、簡単ですよ

最初に姿勢作ったら、あとはフリーフォールさせてやってください

テンションフォールはダメです

フロントバランスならテンションフォールもありですが、センターバランスはフリーフォールでないとダメです

センターバランスのテンションフォールなんて、針なしのサビキ釣り、肉の入ってない牛丼、アジが釣れるひぐらし師匠のようなもの・・・無価値なんです

だから、きっちりフリーフォールさせましょう

正確には完全なフリーフォールさせるとアタリ取れないので、張らず弛めず、ほんの気持ち弛めくらいでティップを下げていきます

これが出来ると、メタルジグがジグ単感覚で使えるようになります

アタリを取って掛けていく

ジャカジャカシャクって、フォールさせて、次にシャクった時に釣れてたっていう不細工な釣りではないのです

アジングのメタルジグって、もっとこう・・・緻密な・・・ハッ

アジの場合、青物と違って引っ手繰っていく事がほとんどないのでちゃんとアワセないとなかなか掛かりません

 

あとは、シャクり終わってロッドを止めた後もまだ惰性で上昇しているため、ロッドを送り込むのはワンテンポ遅らせる必要があります

理屈分かれば簡単だけど、シャクリ終わってすぐにロッドを下げだす人いるので、そういった人はアタリが取れません

 

  • メダルゲームのポイント

デイゲームは適当でいいんじゃないですかね

使いたいとこで使えばいいと思います

表層でもボトムでもお好きなとこで・・・

 

ナイトゲームは基本的には明かりが効くとこです

個人的にはナイトゲームのメタルジグって水深3Mくらいまでだと考えてます

宇和海のように沖の筏をサーチで照らしてるところはその限りではないのですが、あれ、明かりの色がオレンジなんですよね

そんなに透過度高くないし、5Mくらいまでだと思います

メタルジグはその飛距離と重さでボトムを攻めるものというイメージが付いてしまいがちですが、フラッシングしないとただの鉛の塊です

だから、ナイトゲームにおいてはディープエリアで使うよりもシャローエリアで使うべきだと考えてます

もしくは、サーチが照らしてる沖でライズしてる時とかです

 

フォール速度が速いイメージがありますが、途中スライドしたりする分、基本的には同じウエイトのジグ単やキャロよりも上のレンジが引けます

フロートとの使い分けに関しては、メタルジグよりも上が探れるのがフロートになります

なら、メタルジグじゃなくて、スローシンキングのフロートでいいじゃないかとなります

明確にいうと、流れがある程度あるならばメタルジグの方がやりやすいくらいですかね

あとはアジの状態によって適した方とどんな釣りをしたいかで選んでください(笑)

だって、沖のトップレンジでジグ単のような釣りができるんですよ

スローシンキングフロートでポツリポツリと釣れる時とかに、「もしかして、メタルジグならもっとスピードアップ出来るかも?」とちょっと試してみることも多々あります

それで、やっぱダメかぁ、って時もあれば、こっちのがいいじゃん、って時もあります

 

そこら辺はやってみないと分かりません

 

でも、やっぱりフラッシングが効いてるのかな?って時がありますね

 

 

次で最後になるかな?

最後はタイプ別の使い方とそれぞれのオススメメタルジグです

コメント