アジングーメダルゲームのススメ①ー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柔らかいのより硬い方がいいの(意味深)

ただの鉛の塊に命を吹き込む・・・

一瞬のキラメキで魚を誘惑する・・・

メタルジグはかくも美しい

 

まっ、冗談はこのくらいにして(笑)

 

なんというか、ソフトベイトよりもハードベイトの釣りの方が好きなんです

 

 

  • メタルジグの魅力

なんで、メタルジグが好きかって・・・

そりゃあ、こんなに釣れるのに使ってる人が少ないからだよ

なんで、使う人が少ないの?

そりゃあ、釣れないからだよ(笑)

 

メタルジグパターンがあるのは然りですが、圧倒的にメタルジグの方が効率がいい時があり、他の人がネチコラネチコラしてるときにテンポよく釣り上げていく優越感といったら・・・

 

アジングはジグ単でアタリをとって、上顎に掛けることこそ至高の楽しみとも言われます

この楽しみに近いのがジグ単以外に2つある

1つはフロート

もう1つがメタルジグ

 

嘘だろ?と思ったなら、それは・・・

 

ソフトベイトって、なんだかんだで釣れるんですよ

動かさなくても動くから

汁系ワームが餌と言われるけども、普通のワームも十分餌です

 

動かして、食わせる

ルアーフィッシングをしてる以上、ハードベイトで釣ることに憧れる

 

 

  • メタルジグが得意な人と不得意な人の違い

なんですかね

ジギングが大雑把な釣りと捉えられてるのが根幹じゃないかと思う

ジャカジャカシャクって、ドンッ!

そんなイメージがあると釣れないというか、青物釣るのも言うて、あんなので釣れるの稀・・・やで?

 

メタルジグで釣れない人の理由は大きく括って2つあります

1.使うシチュエーションが違う

2.イメージとリアルのギャップが大きい

 

1つずつ紐解いていきましょう

 

1.使うシチュエーションが違う

メタルジグのバイトは?

リアクション、と答える人が大半だと思う

 

そこで、次にこの質問をしてみる

メタルジグはどんな時に使う?

高活性の時

 

なんで!?

魚からリアクションバイトを取りたい時って、どんな時?

低活性の時じゃないの?

高活性の時なら目の前落とせばなんでも食うよ

 

とりたいバイトと使うシチュエーションがリンクしてない

もう少し言いましょうか

 

メタルジグの真骨頂はフラッシングであり、それの再現はベイトパターン

ベイトパターン=高活性

 

まぁ、高活性にはアミパターンもあるわけで・・・

そんな高活性の時に、いくらフラッシング!!!としても逆に逃げていくわけで・・・はぁ・・・

 

アジのベイトパターンでの高活性って、群れで追い込んでのフィーバータイムなんですよね

メタルジグでも釣れない事はないけども、効率を考えるとベイトの群れの切れ目くらいに留めてた方がいいわけです

はっきり言ってメタルジグは留めることに向きません

釣れない事はないけど、効率がいいのはジグ単です

 

選択するなら、ソフトベイトでアタるけど乗らない

いるけど、食わない

そんな時にこそリアクション誘発が輝くのです

まっ、ダメな事も多いですけどね(苦笑)

ハマると恐ろしいです

 

2.リアルとイメージのギャップ

鉛の塊だから、フォールが速いイメージがあるんだと思います

とりあえず、同じウエイトならば、フリーフォールではジグ単の方が速いです

そりゃ、アンダー1gとメタルジグ3gでどちらがフォールが速いか?と言われたら、メタルジグですよ

でも、同じウエイトならば、スライドする分、メタルジグの方が遅いです

 

なんか、メタルジグが苦手な人はここら辺が抜けてるんですよね

メタルジグ=フォールが速い

というのが先行してる気がするんです

メタルジグの種類にもよりますが、ベースとなるセンターバランスで考えると大半の人のイメージよりも遅いです

 

とりあえず、動かして、食わせるものですから、イメージとリアルのギャップが大きいと釣れません

ましてや、ナイトゲームでは・・・

 

難しい?

そんな小難しいのはしたくない?

難しさを求めて小さなサイズを狙ったりするジャンルの釣りでそれはないでしょう

そう思うのであれば、ルアーフィッシングには向いてないと思います

 

ジグ単もシチュエーション別に自分が引いてるイメージしてるレンジと実際のギャップを埋めた人ほど釣れるでしょう

メタルジグも同じです

似てると思いませんか?

 

 

  • まとめ

今回は長くなったので、ここで区切ります

バス釣り歴が長かったせいですかね?

ソフトベイトを使う時って、何が何でも釣るという時なんです

食ってくれる魚を何が何でも獲るという釣りです

厳密にいうと、そこでの駆け引きもあるので、非常に奥が深いのですが・・・

対して、ハードベイトの釣りって、食い気があるやつでも、自分の動かし方次第でどうとでも転ぶし、逆に食い気がないやつにもスイッチを入れれるものなんです

 

どちらが優れているとかではなく、両方使えたら、獲れる魚が増えるという話です

 

今まで0だった状況を1や10にする可能性はあるし、やっぱり0だったという事もあるけども、カバーできる範囲が広がれば、元々の釣りにも活かせると思います

 

なんだかんだで、自分で動かしてやって、食わせて釣った魚は、違った感動と気づきを与えてくれますよ(ナンチャッテ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す