ちょっとマニアックなアジングのリグ選択

独自論

私はなんでオーシャンルーラーというマイナーなフィールドスタッフをしてるのでしょうか?

世の中にはメーカーのテスターやモニターが嫌いな人が多いのに

別に何使ってもある程度は釣れるからだよ

一般にはあまりニーズがなくともなくなったら困る商品があるからだよ

ここの製品の良さを伝えたいからだよ

ここら辺は以前のブログでも書きましたが、またの機会に(笑)

 

くそー、日本一モニターっぽくないモニターだの好き放題言いやがって・・・

コンチクチョウ

私の本気の宣伝を見せてやる!

 

  • 抵抗系ジグヘッドの良さ

今のアジングで抵抗系ジグヘッドは隅に・・・

てか、最早ジグヘッドのコンセプトなんて出尽くしてて、その流れから見て、オーシャンルーラーのクレイジグレンジキープとかレンジキープVR miniとかはAVで例えると熟女物とかス◯トロ物のレベルだと思うんです

抵抗系つっても、現存する抵抗系の中でも随一な気がする・・・

 

あれ?おかしい?最初から宣伝ではなくディスってる気がするぞ?

もう少し読み進めてください

乗っけから躓いた

 

まっ、あれはアジング用というよりロックフィッシュ用ですからね

それで、アジングしてる私が間違ってるのですが・・・

もうね、客観的にみて、アジングのジグヘッドで最終的に行き着くところは受け流し系が無難なの

そもそも、アジ自体が生態系の下の方なの

そんな生物にオラオラ系の抵抗系がいいのかどうか考えたら分かるでしょ?

愛媛みたいにね、25未満はマメとかという感覚じゃないと使えないの

つっても、私はマメも抵抗系で釣りますけどね

ただし、回遊型の元気なマメに限ります

これのためだけに前回の記事を書きました(笑)

あれはあまり出したくなかった・・・

あの分類をしっかりすることでゴニョゴニョ

 

とりあえず、それは置いときます

そう、問題はこの全く流行っていない抵抗系ジグヘッドをアジングでどうするかである

先ずはデメリットから言おうかと思ったが、輝くシチュエーションからにします

デメリットというか、受け流し系のいいところはまたの機会に(笑)

 

人間、先に言われた方のイメージが先行してしまうのである

だから、いろいろ文句を言いたいところもあるがグッと堪える

良い点だけ伝えても胡散臭く、相手をディスって自分を上げる方式も下品であり、良い点も悪い点も共に伝えている情報こそ信頼すべきものである

これはある程度知識レベルの高い人のものの見方であり、片方だけのバイアスのかかった情報を鵜呑みにするような人からすると、良いのか悪いのかよく分からないとなってしまいます・・・

別に私は全てにおいて使って欲しいと言ってるのではなく、適切な時に使って欲しいと言ってるだけです(笑)

 

良いことから先にと言ったけど、さっきのAVに例えで既に悪いイメージがついたかもしらん

私ならこんな記事見た後はもうスカト◯ジグヘッドとか呼びそう

うん、人間気にしたら負けだ

 

(たぶん)輝くであろう状況

・(初心者)

・風速3m以上の時

・ブレイクがきついポイントでのボトム

・ベイトパターンで人よりも大きなのを釣りたい時

 

この4点・・・

人に釣り負けながら、行き着いた唯一輝ける状況

ウォブリングが明らかに悪さをしてる時においてなんとか出来ないかと、横でポコポコ釣ってる友人の横で悶絶する悔しさと言ったらグギギギギ

 

そんな思いをしながら、気づいた数少ない事なのでどうかお付き合いを(笑)

 

  • 初心者

巻いときゃいいんよ、巻いときゃ

あと、根掛かりの外し方を覚えるまで極細ラインは使って欲しくない

抵抗のないジグヘッド使うから、ラインを細くしなければならないのであって、ある程度抵抗のあるものだと太めのラインが使えるのです

まっ、最初からいくつ失くなってもいいからとスパルタでやってもいいですよ

メーカーさん大喜びですから

 

根掛かりの外し方も教えずに最初から細いラインを推奨するのは初心者を金ヅルとしか考えてないと思う

 

 

  • 風速3m以上

ここからが本題です

風が強い時って、基本的には留めるの難しい

追い風で考えると、ある一定の重さ未満だと表層に浮かされて、それより重たいと途端に沈んでいくし、手前に寄ってくる・・・

風が強くてもボトムで釣れる時は楽なんですよ

とりあえず、重たくしとけばいいから

 

風が強い時に水深1〜3mに留めないといけない時は難易度がやや上がる

無風だと適当に軽いの投げとけばいいんですよ

 

え?ピンポイント過ぎる?

そんな状況あるのか?

 

うーん、これからのシーズンに結構遭遇するんですよね

例を上げるとすると、ベイト追いかけて入ってきたけど、まだ水温高くて表層までは出ない時とか

ベイトの下にいる時ですよね

こういう時って、リトリーブでポンポン釣れなくて、ベイトの群れの下の切れ目くらいに留めとかないと効率悪い時があるんです

活性の悪いベイトパターンとでもいうのか・・・

あともう1つ事例があるけど、これは言いたくない

風も強いし、お魚もいないからさっさと帰りなさい

2年前と3年前はばっちりハマって楽しかったなぁ(遠い目)

 

2g前後使って、しっかりリグの重みを感じながら、ラインを風で浮かせて、レンジを釣り上げる

受け流し系だと、これしたらスーッと手前に寄って来たりするんですが、抵抗系だとそれが抑えられるんですよね

あと、強風下で2mくらいまでのレンジを攻めれる受け流し系は操作感もあまりない

ちなみに、これやってる状況はだいたい風速7m/s以上が多いです

 

うん、書いてて思った

普通の人は釣りいかないレベルだ、コレ(笑)

あまり参考になりませんね

お家で大人しくしときましょう

 

 

  • ブレイクがきついとこでのボトム

じゃあ、これならどーだ!

手前2〜3mくらいから急激に落ち込んでるところ

そのブレイクの先のボトム付近で釣れる時

ネチコラやりたいけど、ある程度のところで回収しないと、ジグヘッドがいくつあっても足らない

キャストした距離の半分くらいを攻めて、後は回収みたいなところですね

 

そういう時にも抵抗系は動かさない限り手前に寄ってくるスピードが受け流し系よりも遅いので1投に時間をかけれる

すこーし流れが出たら、倍率ドン!さらに倍!はらたいらに3000点!

もっとやりやすい、そして、そういうポイントはそういう横流れがたいてい出てくれる

受け流し系の場合、割り切って手数勝負ですね

一箇所で粘らせれない分、キャスト数でアピール時間を稼ぐ

 

うん、書いてて思った

そんな根掛かり多いポイント、普通の人はスルーするわな

ただ、残念ながら、そんなポイントはあまりする人がおらず、丸々太ったヒラアジが回遊してくるポイントの1つです

 

  • ベイトパターンで人より大きなのを釣りたい

閉鎖水域の魚は慎重な個体ほど大きくなるのですが、広大な海に群れでいる魚は貪欲なものほど大きくなるのだと思ってます

だから、大きな個体ほど走りで釣れる

要は、ヨーイドンで人と一緒に最初に群れを叩くなら、先に見つけてもらえる目立つものの方が大きな個体が釣れる確率が上がるのではないか?ということです

これは確率の問題なので必ずとは言えません

すこーしだけ可能性が増えるかも?のレベルです

ちなみに、アピールが強いものは出だしこそいいものの、スレるのも早く、徐々にペースが落ちていくというグギギギギ

 

 

  • おまけ:フォールが遅いワームと組み合わせる

飛距離を出しつつ、上の方でネチネチしたい時にすごく使いやすい

フォールが遅いワームってなんだ?となるかもしれません

ワームを二個付したコンセプトのやつも遅いのかもしれませんが、私、個人としてはあのくらいの差では満足出来ません

フォールが遅いワームだとマグバイトのパラショットがあるのですが、あれスカートのせいで飛距離が・・・

で、なにがいいかというと、去年教えてもらったケイテックのスイングインパクトがすごくアレなんですよね(笑)

ただ、代わりにトゥイッチに対するレスポンスはすこぶる悪いです

モワーンってなる(笑)

ただ、ハマりますよ

 

 

  • まとめ

書いてみたけど、アジングで輝けるシチュエーションが悉く普通の人がやらないシチュエーションでしたね

だから、こんなに釣れるのに誰もいないのか(納得)

これはある意味、ネガキャンかもしれんレベル・・・

とはいえ、普通のジグヘッドって、性能で言えば土◯富が出した時点でほぼ終止符が打たれてると思います

他は正直値段勝負でしかな・・・ヤベッ

ちゃんとしたテスターが製造元に付くとOEMメーカーは・・・コラッ

だから、個人的にはオーシャンルーラーの方針はマーケティングから考えると正しいのだと考えてます

それが経営的にどうかなのかはモニターレベルじゃ分からん(笑)

 

未熟な私は誤差レベルの差は分かりません

ここまで尖ったものだから、こういったシチュエーションであれば、これが活きるというのが言えるのであって・・・

似たり寄ったりのメーカーのモニターをしてたら、皆んなと同じようなアジングをして、似たようなインプレ書いて、となってたのでしょう

 

今回書いてて、人からはそんな状況でしてて頭おかしいんじゃないか、とも言われるけども、コレだったから、まだ耐えれるレベルだったところもあるかもしれません(笑)

 

人だらけのポイントに嫌気がさしてきてる人に抵抗系ジグヘッドはオススメしたい

 

 

 

これが限界だ(笑)

コメント

  1. アサノシン より:

    初コメ失礼します!

    あちらのブログで失礼な事を言いまして、すいませんでした

    ただ…

    ヨイショ記事しか書かないテスターや自腹切って買ったからいいものと思い込みたい自称凄腕ブロガーやモニターキャンペーンでメーカーからモノもらってヨイショしか出来ない乞食モニターなんかの適当インプレなんかより、とても参考になりました!

    • ギルマスター より:

      言われ慣れてるので大丈夫です(笑)
      最近、アレがいるみたいですよ。メーカーから物もらってるけど、モニターを名乗らずインプレしてる有名ブロガーとか
      自分モニターとは違うので中立なインプレです、っていうステマもあるみたいなので、なにが正しいのか分からない時代です(笑)